- スタンプラリー参加店 -

首都圏

夢玄 和田範政





常陸太田の玄関口に位置する道の駅ひたちおおたで、こだわりの常陸秋そばを供する店「夢玄」。その店名には、店主・和田範政さんの「夢を持って美味いそばを作る」という志を冠している。
常陸秋そばが見出される昔より、そばの産地としてその名を馳せてきた旧水府村(現常陸太田市水府地区)。和田さんはそんな水府に生まれるも、一時は地元を離れていた。
「実はね、子供の頃はそばが大嫌いで。でも上京して、そばを食べてまるきり変わった。“俺が食べてたそばには程遠い!”って、離れてみて地元のそばの美味さに気が付いたよ。それから、そばを食べ歩くようになって、そば打ちも始めちゃった」
都内から茨城に戻ると更にそば好きが高じ、30代後半には素人そば打ちで段位も習得。
「自己流で、参考書は家に130冊はある。打ったそばの感想が聞きたくて、片っ端から人に食べさせてみたりしたよ」
その頃には腕を見込んで、そば打ち依頼が来るようになった。様々引き受けるうちに、今度は「農業法人でそばの生産をしないか」という話までも舞い込んできた。そば打ちも、そば作りも、やるからには手は抜かない。和田さんが中心になり立ち上げた「水府愛農会」が作る常陸秋そばは、多くのそば打ち好事家も愛用する。
「道の駅はいわば街の顔。これぞ常陸太田の誇る常陸秋そば!と胸を張って美味しいそばを出さなきゃ」
夢玄を訪れたなら、カウンター横の小さなそば打ち部屋を覗いてみてほしい。和田さんのそば愛を見ることが出来るだろう。

主催:茨城県

お問い合わせ
スタンプラリー事務局(株式会社⽇宣メディックス内) 0120-397-004

©常陸秋そばスタンプラリー